HOME > 馬プラセンタって何? > 馬プラセンタとは

馬プラセンタ以外の種類

プラセンタは色々な動物の胎盤から抽出されています。豚、牛、馬などの由来プラセンタが存在しています。以前一般的だったのが牛プラセンタですが、BSE問題によって使われることはなくなりました。その代わりに利用され始めたのが豚由来です。最近では殆どのプラセンタは豚由来だと言われていますが、豚も牛同様BSE問題が引き起こされる可能性がある動物なのです。

馬プラセンタが良いのは

BSE問題によって安全性が指摘されている牛、豚プラセンタに変わって注目され始めたのが、馬プラセンタです。牛や豚などとは異なりBSE問題が発生する可能性が低く、クリーンな動物として有名です。より安全性を求める方に選ばれているのが馬プラセンタです。更に豚由来のプラセンタよりアミノ酸の量が多い事からも注目されています。

このページのトップに戻る