HOME > 馬プラセンタって何? > 馬プラセンタの副作用

馬プラセンタの副作用

馬プラセンタは基本的に副作用が殆ど無いと言われています。プラセンタは胎盤から抽出される成分ですが、人も同じように胎児をお腹の中で育てるために胎盤を作って育てています。元々人が利用してきたプラセンタですから、アレルギーや副作用などは起こり難くなっています。医療機関でも実際にプラセンタ注射として使われており、医薬品と同じように扱われています。

プラセンタの副作用を減らすには

プラセンタ自体が副作用が少ないとは言っても、100%安全性とは言い切れません。牛や豚、羊由来のプラセンタの場合はBSE問題の危険性がありますから、安全性を求める方は避けたほうが良いでしょう。基本的にはプラセンタによるBSE問題は出ていないようですが、心配な方はBSE問題の無い馬プラセンタを選んだほうが良いと思います。

このページのトップに戻る